MENU

手汗がひどいなら共感できるランキング

 

これはごくごく個人的なランキングとなります。
アンケートをとったわけではなく、わたしが手汗をかいたことによってつらいとおもったことをランキングにしました。
多分、同じように手の多汗症に悩む人であれば共感して頂けるのではないかと思います。

 

友達や彼氏に嫌われないか心配

 

友達に嫌われないか心配な毎日でした。
何かものを渡すときにはどきっとしてしまいます。

 

ペンを貸すときも必ず自分が今持っているのではなく、ペンケースに入ってる新しいものをわたしています。
ペンや鉛筆が濡れてしまうのでベトベトで気持ち悪いと思われないか心配になるのですね。

 

握手を求められるとすぐにはなしてしまうことも多いです。
別にその人を嫌いなわけではないのですが・・・気持ち悪いと思われそう。

 

彼氏と握手するのにも非常に抵抗があります。
気にしないよといってくれる人もいたのですが、こっちは気にしてしまうのですね。

 

学生時代テスト用紙やノートがしわしわ

 

ノートはハンカチを引かないと手汗がしたたり濡れてしまいます。
結果、ノートがよれよれのしわくちゃに・・・

 

テストのときには苦労しました。

 

そして、一番いやだったのがプリントを渡すときです。
何でいつも先頭の人に渡して後ろに回すようにするんだと思っていました。

 

プリントを持ったときには濡れてしまっているので、後ろの人にいつも謝っていた記憶があります。
席替えの時にはなんとしてでも一番後ろの席に座らせてと願ったものです。

 

 

電車のつり革をもてない

 

電車のつり革につかまっていると汗がポツポツとたれてきます。
そのため、つかまることができず何とか倒れないようにバランスに気おつけていました。

 

扉のそばであればよっかかることができるので楽なのですが、朝の通勤時には人が多いので確保できることはほとんどありません。
電車でゆれて他の人に謝った経験も多いです。

 

多分、多汗症で手汗の凄いひとは人生で誤った数が多いのではないでしょうか!?

 

 

皮膚がふやけてしまいやぶれる

 

手が濡れてしまうので皮膚がふやけてしまいます。
結果、やぶけたりもした経験があります。

 

常にハンカチをもち歩いて拭いたりはしているのですが、それでもふやけてしまうのですね。
クリームを塗っても汗でぬるぬるになって気持ち悪いだけです。

 

つらかったです。

 

 

タオルを忘れると買わなければならない

 

毎日、仕事の際にはタオルは必需品でした。
たまに忘れてしまうこともあり、そのたびにコンビニなどで何度も購入することに・・・

 

一応、会社に予備を常におくように心がけてはいるのですが、洗ったりもしないといけないので、ストックが切れてしまうことがあるんですね。

 

ハンカチって人生でそんなに買う機会って多くはないと思います。
でも、わたしは今までに沢山のハンカチを購入したと思います。

 

 

まだまだ手汗の悩みはあります

 

 

他にも色々・・・

 

  • スマホが濡れて動かない。
  • カラオケでマイクの使いまわしが嫌
  • マウスがベタベタになる
  • 車のハンドルが汗ですべる
  • ネイルサロンにいけない

 

他にも色々と手汗のせいでつらい場面はあったと思います。
多汗症がどれぐらい酷いかを知らない人はたかが手汗でと思うかもしれません。

 

しかし、ほとんどの知らない人が知らないだけで手汗はビショビショに濡れてしまうほど酷い人もいます。
つらい経験をしたことがある人も多いのではないかと思います。

 

 

ちなみに今では・・・

 

一応、現状の話をさせて頂きますと。手汗には悩まされなくなりました。
タオルは常に持ち歩くのが習慣となっているので、常にカバンには入っているのですが、手をふく機会もすくなくなりました。

 

当初はボトックス注射や手術も考えたのですが、リスクも高いですし金額も高い・・・

 

そのため、ミョウバン水やツボを押してみるなどの有名な方法は全てためしたと思います。
そのうえで、結局効果がでたと感じたのは手汗を抑える用の制汗剤でした。

 

制汗剤の利用はいろいろとしたことはあるのですが、ほとんどが汗を抑えるのではなく臭いを消すためのものです。
けど、わたしはそもそもの根底である汗をとめたかったんですね。

 

そんなときにネットで見つけたのが臭いではなく、汗を止めるための制汗剤です。
独自のナノ技術でつくられた成分が含まれているので汗をピタっと止めてくれるのですね。

 

ナノなんていわれても、なんとなく最新技術の小さいものなんでしょってイメージでしかないのですが、汗を止める効果がすごいと評判だったんです。

 

今では手汗に悩まされることはなくなりましたが、あの時はつらかった・・・
多汗症の人であればわたしの気持ちは分かってくれると思いますが、普通の人ではまったく理解ができないようなことだと思います。

 

手汗がひどいってのはすごいつらいことなんですよね・・・

 

 

 

手汗を抑える方法についてはトップページで紹介しています。
手汗を抑える3つの方法